読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R勉強会の行方

勉強会

R勉強会第二回を今日やりました。9月に入ってから勉強会自体をやるのが3回目ということで、一週間に一回くらいのペースでやってますね。結構がむばっとる。自分が開いている勉強会がどれくらいみんなの役に立ってるかはよく分からないけど、反応を見てると悪くはないのかなーっていう感じがします。

が、今日の勉強会の終わりにミニップと話していて

  • みんなはRでどんなことができるのか知りたいレベル
  • やりたいことが見付かった時にできればいいかなーという感じ
  • 一方、自分はRを徹底的に使えるようになりたいと思ってる
  • 少々マニアックなことでも勉強したい

という風に、求めているものが違うことが(いまさらながら)分かってきた。今回くらいまでのレベルでは、まだそれほど問題にならないが、これ以降の勉強会ではみんなが求めているものと自分がやるものがかけ離れていく恐れがある。「みんなが求めているから」、といって自分が興味ないところをやってしまうと自分が不幸になるだけだし、かと言って自分がやりたいからといってかったらやっていると誰もこなくなっちゃう。資料作るのにも結構時間かかるしね。

でも、(二回しかやってないけど)R勉強会の資料作りとかを通して、今まで知らなかったRのこととかを勉強できたのも事実。やらなくなっちゃうのももったいないと思う。うーん、やる側も聞く側もハッピーになれるやり方ってないものかな?勉強会のエロい人、誰か教えて><