読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Liner Interpolation with EM Algorithm

自然言語処理 日記

線形補間法の係数をEMアルゴリズムで推定するコードがようやくちゃんと動いた。前は係数手動で決めたりしてたけど、とりあえず形にはなった。しかし、テストセットパープレキシティが14.805であり、14を切らないので、これではAは確実に取れるか分からない。

最大エントロピー法もなかなか難しそうだし、むむむ。。。最大エントロピー法実装するのはちょっとリスクが大きそうなので、Good-Turingでdiscoutingして、どうにかやって分配するほうでいくかなー。授業を聞いた感じだと最大エントロピー法と同精度くらいまで行けそうだし。