読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第14講 測度論の光と影

実解析

何か今度はルベーグ積分を使うことによって生まれてしまった面倒くさい部分についての説明があるらしい。

開集合、連続関数、測度

古典的な面積概念-ジョルダン測度-に限るだけでは、数学的に十分ではなく、取り扱いにくいという点が色々あったが、その一つには、開集合、閉集合が一般には面積を持たないということがあった。開集合、閉集合は一般的には面積を持たないけど、今の解析学にとっては最も基本的な部分集合の概念に与えていると考えられるようになった。

一旦ご飯。