読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPod touch用の単語帳を作ったよ

iPod touch R 英語

と言っても一般向けとは言えませんが。


こんな感じで単語が表示されて

めくると

日本語訳が出てくるカード式の単語帳なイメージ。何がしたかったんだろうwww

ネタです、Rでまた作りました。こんな感じのcsvファイルを用意する。

"english","japanese"
"epidemic","病気の流行、伝染病"
"detective","探偵"
"gross","総計、全体"

で、Rに画像を生成させる。

library(grid)
setwd("C:/Users/yasuhisa/Desktop")
text <- read.csv("english.csv",header=TRUE)
word_count <- length(text$english)
word_count
dir <- "english"
#ディレクトリ内のファイルの削除
unlink(paste(dir,"/",list.files(dir),sep=""))
for(i in 1:word_count){
       png(paste(dir,"/",i,"ja.png",sep=""),height=200,width=800)
       grid.newpage()
       vp <- viewport()
       grid.draw(gTree(children=gList(textGrob(paste(text$japanese[i],"\n",sep=""),x=0.5)),
                   gp=gpar(col="black",fontsize=10,cex=4),vp=vp))
       dev.off()
       png(paste(dir,"/",i,"en.png",sep=""),height=200,width=800)
       grid.newpage()
       vp <- viewport()
       grid.draw(gTree(children=gList(textGrob(paste(text$english[i],"\n",sep=""),x=0.5)),
                   gp=gpar(col="black",fontsize=10,cex=4),vp=vp))
       dev.off()
}

毎回Rを立ちあげるのは面倒なので、バッチ処理を行なう。クリックだけで画像が生成できる。

"C:\Program Files\R\R-2.4.1\bin\Rcmd.exe" BATCH english.R

あとはiTunesで同期をさせれば勉強体制が整う、というわけですね!