読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業とか業界のデータをてっとり早く収集する10の方法

インターン

10あるかとか知らないし、釣りっぽいタイトルにするなとか言われても知らないもんw。

うちの専攻の人は数理工学モデル化実習の時に「2時間くらい上げるから、データマイニングがどういうものかとか、使われかたとか調べて発表してね☆」みたいなこと言われたことがあると思います。あんときは自分も「2時間ってそりゃ無茶ですぜ。。。」とか思っていたんですが、インターン先でそれをこなさなければならないような自体が結構ありますw。

自分がちょっとくらい知ってるような業界とか企業だったらいいのですが、全く初めて聞いたようなところとかを調べないといけないときもあります。0からのスタートってやつっすね。

  • 2時間くらいとは言え、作る資料にそれほど妥協できない
  • かと言って、時間もすごい限られている

というジレンマの中で戦うべくyoshid50がやってみてることを書いてみたいと思います。他にもこういうの使うといいよ!!っていうのがありましたら教えてください。

基本編

Google先生に聞く

何はともあれ、ぐぐれってやつですか。

企業のホームページ

財務情報とか会社の規模、主力商品とかはこういうところから調達します。信頼性もあるし。

Wikipedia

あんまり信頼してはいけないとあちこちで言われておりますが、他のところも参考にしながらWikipediaだけに頼るということをしなければ大丈夫だと思うし、実際結構役に立ちます。探すキーワードとしては「企業の名前」、「業界名」、「主力商品」とかで探すといろいろ分かってきます。企業のホームページと似たようなことが書いてあるときもありますが、ないものが書いてあったりするので助かる*1

マイナー編

はてなブックマーク

個人的な探しものでも結構使うはてなブックマーク(以下、はてブ)ですが、こういうときにも役に立ちます。yoshid50のお薦めは

のようにタグで検索すること。最近の注目だったらこのままでもいいし、期間に限らず重要な情報であったらこのように人気のものを探していきます。

はてブでgoogleで探してすぐ出てくるページとかwikipediaのページとかを探しても仕方ないので

  • マイナーなサイト
  • だけど、質が高いページ

を探していくのがポイントです。

どうでもいいですけど、Firefoxとかのタブブラウザを使っているならば、jkで上下に移動コントロール押しながらエンター(バックグラウンドで開く)とかやってどんどん読んでいくスタイルがお薦めです。

del.icio.usとかLivedoor clipでやりたい人もそういう感じですかね。自分はあんまり使わないので、詳しくはあんまり知らない。

Google News

最近の動向を知りたい時に。ニュースサイトを探してもいいんですが、一つ一つ調べていっていったら時間がかかるし、ローカルニュースみたいなのが出てきません。そういう時にGoogle Newsは

  • ニュースサイトのアグリゲーターとして
  • ローカルな記事も拾ってくれる存在として

使うことができます。営業とかで「御社では最近…みたいなことがあったようですね」的な使いかたとかできますかね…?

Google Trends

こっちの動向を知りたい時だけど、時間軸で盛り上がり方とか何で盛り上がったかを知りたい時に。二つ以上を一度に調べるということもできます。例にやってみた。

盛り上がったのがいつかと共に、規模が視覚化されていて、強さとかが分かるのがいいです。ま、他のデータとも照合しながらですけど。

パブリックデータ編

総務省・統計局

人口のこととか、いろいろ載っている。何より信頼度がでかい…かも。

電通博報堂

http://www.dentsu.co.jp/marketing/index.htmlのリンク先の調査レポートがどんぴしゃりに使えるな!!ってこともあります。どうように某先生がご出身のhttp://www.hakuhodo.co.jp/seikatsusha/とかも結構使えるのではないかと思います。

ブログ検索

ブログ検索、最近すごいいろいろ出てますね。で、「調べたブログ全体のサマリーみたいなのが知りたいんだけど?」みたいなときがあります。そういう時に役にたつのがkizasi.jp:ブログから、話題を知る、きざしを見つける
キーワードを入れると「…と言えば」みたいな感じで、一緒に語られるキーワードが見れて目の付けどころが分かります。

と言っても最近使いはじめたばかりなので、もっとよい使いかたがあるのかもしれません。知ってる人はコメント欄でよろしく!!

てか、これパブリックデータ編でいいのかw

パブリックアンケート編

Google先生

「アンケート結果 …」とやるとうまいアンケート結果がでてくる…こともあります。これもキーワード次第。Try&Error。

My Voice

サイボウズがやってるネットリサーチ。たとえばこういう風なのとか。母集団が割りと大きめなのでよいと思う。Google先生で調べて出てきたアンケート結果が。100人くらいの母集団とかで大丈夫かな…?と思ったときに。

楽天リサーチ

上と同様なリサーチの結果。見せ方とかもなかなかきれいな感じで、結構よいと思う。

Yahoo!リサーチ - トップ

まだ、使ったことないので使ったことある人レビューよろしく!!

番外編

人力検索はてな

仕事でまだ使ったことないけどw。どういう風に検索したらいいのかとか分からない時に、使えるかもしれません。こういう使いかたをid:jkondoも望んでいるのでは?

リアル・ネットの知合い

リアルやネットの知合いでその業界や企業に詳しい人がいるならその人に聞くと早いときがあるかもしれません。IMとかSkypeとかを使うとか、mixiなどのSNS経由で調べてみるとか。ただ、遊んでいると思われる可能性がなきにしもあらず&必ずしも使えるとは限らないので注意が必要です。

まとめ

こういうチップスは(必要に迫られて)調べる機会があって、かつ、その機会が結構あるという時になって分かってくるのが結構あるなと思いました。普通に学生生活送ってたら、なかなかこういう調べ物しないですしね。2学期にはマネイジメント実習もあるのでその辺で役にたつ人が出てくれば幸いです。

なお、このエントリーはsatouさん&hiroseさんへ向けた「論文検索のチップス集を書いてくださいw」というメッセージ代わりだったりするのでよろしくですw。

*1:信頼性を求めるときにはこれを元にぐぐる。ぐぐる先生はキーワードがないと探してくれないので、Wikipediaはその企業のキーワードを探す、というような使いかたがいいかもしれません。