読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画像ファイルに変数名を使う

R

この前PythonからRを操作するライブラリの使いかたを書いたのだが、hiroseさんとのコメントのやりとりであるとおり、使い分けが大事である。Rで簡単にできるところはRで、そうじゃないところはPython等で、というのが頭のいい人がやることなのだろう。

で、RPyで書いたプログラムでもいいのだが、この程度のことはRでもできないとお話にならないだろうということで、調べてみた(話の流れの持っていきかたが変だorz)。が、結構時間をかけたにも関らず、使いこなすことができなかったので、mixiのコミュニティにて質問させてもらった。解答してくださった方に感謝♪

引数に与えた変数の散布図をプロットし、その変数名を使って画像ファイルを生成する関数を作りました。

auto.plot<-function(x,y){
png( paste(deparse(substitute(x)) , deparse(substitute(y)) , ".png" , sep="") )
plot(x,y)
dev.off()
}

price<-c(1,2,3,4,5)
weight<-c(1,2,3,4,5)

auto.plot(weight ,price) 

deparseとかsubstituteとか勉強不足でまだ調べきれていないので、調べたらまた書きます*1
【関連記事】

*1:同じことをコミュニティの書き込みでも書いたな。速く調べよっと。。。