読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サークルk第10回に参加してきました

持橋さんにお誘いしていただき、サークルkという関西の機械学習の勉強会に参加してきました(持橋さんも日記を書かれています)。初参加だったので、自己紹介+研究紹介をしてきました*1。松本研は(もちろん)自然言語処理の研究室なので、研究室での勉強会も自…

にっき

初めてのMT勉強会。もうちょっと分かるかなと思ったけど、正直どこが分からないかも分からないくらい理解できていなかった。この前Blogのコメントでid:mamorukさんに勧めてもらった資料には目を通してはいたんだが。。。このままではまずい。。。関係認識勉…

Dependency Parsing

CJEの勉強会に出席するのは初めて。 形態素解析、品詞タグづけ word segmentation and POS tagging 未知語検出/抽出 out-of-vocabulary detection/extraction 固有表現抽出・語彙知識獲得 NER, lexical acquisition 系列タギング・系列セグメンテーション se…

PRML読書会【ニューラルネットワーク】

先週休んでしまったので、4章終わってしまってます。。。というわけで上巻最後の章、ニューラルネットワークです。1月、遅くとも2月にはPRMLの上巻終わっちゃいそうなんだけど、その後どうしようかなー。SVMとの関連の付近5.1の前の付近。SVMとNNは全く別物…

集合位相入門読書会【Zornの補題、それと同値な命題】

大分久しぶりな集合位相勉強会です。僕があれだったからなわけですが><今日の内容は3章の中心的な内容(と思う)Zornの補題でした。まず、二つの補題(P108の補題2とP110の補題3)を示しました。補題3のほうを仮定しておいて、それだと矛盾するねということか…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第八回

qがaverage yield 年の平均利回り 例 6ヶ月のforward contract 6ヶ月で資産の利回りがもらえる risk free rate = 10% S0 = 25 T=0.5 q=4% 一年に二回払われる 連続にしたい 利回りがクーポンのようなイメージ 俺が担当したところのp9くらい 0.5 e^{y*0.1*0.5…

集合位相入門読書会【整列集合とその比較定理】

94ページから102ページまで。自然数に対して成立している数学的帰納法を、整列集合に拡張してできた超限帰納法というのがすごい。 順序同型 順序を保つ写像 順序単射 順序同型写像 などが登場。順序同型写像は順序単射かつ全射。全単射だから逆写像も存在し…

集合位相入門読書会【順序集合】

第何回か忘れたw。実数とかの大小関係があれば、最大元とかそういうのが定義できるのは分かるんだけど、順序関係を満たすようなものであれば、最大(小)元、極大(小)元、上限、下限などが考えられる的な流れのところだった。念のために定義を書いておこう。集…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第七回

今日から第五章だよー。みしょーだよー(違。 先渡りと先物の価格決定について 消費する資産と投資する資産 空売り short selling 自分が所有していない証券を売る 途中で買い戻さないといけない 裁定機会があるかどうか S0=40、F0=43、r=0.05 43-40.5=2.5でa…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第六回予習

第五回、第六回は僕が担当の箇所。Chapter4のInterest Ratesのところをやってます。先々週*1は 金利の種類 連続複利の導入 Zero Rates 債券のpricingの方法 Duration&Convexity などをやっていきました。今週は、スライドの16枚目のForward Ratesの付近から…

PRML読書会第十一回

今週で二章が終わりました。確率分布の章はわりとスムーズに進んだような気がしなくもない。上巻が5章くらいあるので、そういう意味では40%を読んだことになります。わっしょい。混合ガウス分布正規分布の和の分布と、混合正規分布が昔ごっちゃになっていた…

集合位相入門読書会第七回【加算集合、非可算集合】

3週間くらい空いてしまって久し振りな感じです。続けますよー。継続重要。あとでログを上げる。 加算集合 加算集合の性質 連続の濃度、非可算集合 羃集合の濃度

PRML読書会第十回

8月から始めたskypeによるパターン認識と機械学習 上 - ベイズ理論による統計的予測の読書会も、こつこつとやってきて今回が第十回目です。予習とか全くなしで、2時間くらいやって10Pとかいう進行度合いですが、10回もやると100Pくらいに到達しました。この…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第四回

今日は「Hedging Strateries Using Furures」ということで先物を使ったヘッジ戦略というところらしいですです。やっべ、来週俺だわwww。 longとshortでのhedge 価格を狙いさだめることができる hedgeのいい点 会社がリスクを最小化したい 色んな変動のリスク…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第三回

今日はchaper 2の「mechanics of futures markets」っていうところ。 広い資産がやり取り可能 取り引き所取り引き settled daily 値洗い 重要らしい 日々決算をする形になるらしい margins 証拠金 現金か有価証券 プレイヤーがブローカーに払うやつ brokerっ…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第三回予習

集合位相入門読書会第六回【集合の濃度】

P58からP71までと結構進んだ。前回は商集合の僕の理解があれすぎたので、あんまり進めなかったんだけど、別途復習の時間を取って再挑戦しました。復習のはここ。 商集合について勉強しておくライフハック(笑) - yasuhisa's blog 商集合はとりあえずよしとい…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第二回

ここの続き。原油の話の続きがあった。strage costをどうするか、というところ。costは取りあつかい方が書いてないので、考えられる2つのストーリを考えた。 取り引きしない場合と0期で売る場合 2期 F = S(1+r)^2 +Sc {(1+r) + (1+r)^2} 一般化 F = S(1+r)^T…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第二回のための予習など

ここの続き。 1.5 options オプションは取り引き所でもOTCの両方で取り引きされてる オプションには2種類ある call optionは保有者にあるまでにある価格で"買う権利"を与える put optionは保有者にあるまでにある価格で"売る権利"を与える exercise price→行…

PRML読書会第七回

第一章が終わったんだぜ!!!あと今回は全員集合でしたー。相対エントロピーと相互情報量 相対エントロピー 前回の勉強会では微分エントロピーの話とかが出てきたんだけど、それを使ったりして相対エントロピーというものを導出していた。微分エントロピーはで…

集合位相入門読書会第五回

前回は選出公理というちょっと色々ありそうな公理のところまでやったんだけど、その続きから。なんとか第一章は終わったんだけど、商集合がよく分かっていないので、来週ちょっと復習しようと思う。 写像に関する一定理 ここで定理7というのがよく分からなか…

コトラーのマーケティング・マネジメント読書会第一回

logを上げておくところ。コトラーのマーケティング・マネジメント 基本編作者: フィリップ・コトラー,恩藏直人,月谷真紀出版社/メーカー: ピアソン・エデュケーション発売日: 2002/10/05メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 27回この商品を…

Options, Futures, and Other Derivatives勉強会第一回

logを上げておくところ。 otc 店頭取り引き 性質を変えるってどういうことだろ 組み合わせで直線を変えたりとか 買ったり売ったりしないで forward price 先渡し価格 どういう契約か 今決めた価格で将来取り引きできる 二人の損得を合わせると0になるよ 買う…

集合位相入門読書会第四回

id:witchmakersと。元の無限列、集合族とその和集合、共通部分、直積、選出公理についてやりました。P42からP48くらい。ログに出てきた例はあとで上げる。 元の無限列、有限列 Nから一つの集合Aへの写像aのことを元の列という。この辺はよいとして、元の列は…

PRML読書会第五回

第三回、第四回のレポは書こうと思いながら、書いてなかった。今週は書くのである!!今回はP42の1.5.4「推論と決定」からP47の情報理論の前までやりました。まったりまったり。推論と決定決定問題を解くときには3つの異なるアプローチを考えることができる、…

集合位相入門読書会第三回

id:witchmakersと。全単射とか、合成写像、写像の集合などなど。結構ややこしい感じがしたので(主に僕にとって)、例を多めでやっていきました。 全射、単射、全単射 全射の前に終集合というのをしっかり考えておかないといけない。例えばへの写像というもの…

集合位相入門読書会第二回

id:witchmakersと。今回はP20くらいからP32まで進んだ。"対応"と"写像"がキーポイント。 対応の概念 P23の定義より。 A、Bを2つの集合とし、ある規則によって、Aの各元aに対してそれぞれ1つずつBの部分集合が定められているとする。そのとき、その規則のこと…

PRML読書会第二回

また、この本で。パターン認識と機械学習 上 - ベイズ理論による統計的予測作者: C. M.ビショップ,元田浩,栗田多喜夫,樋口知之,松本裕治,村田昇出版社/メーカー: シュプリンガー・ジャパン株式会社発売日: 2007/12/10メディア: 単行本購入: 18人 クリック: 1…

集合位相入門読書会第一回

id:witchmakersと読むなどした。第一章の最初から、P20の(2.17)付近まで。来週は(2.17)の解読くらいからやるなどしたい。 空集合は任意の集合の部分集合 であるということ。 なんだか不思議な感じがするよねー 集合だけじゃなくて、集合系(P18)についても成…

PRML読書会第一回

PRMLって何のことかこの前まで分かってなかったんですが、パターン認識と機械学習 上 - ベイズ理論による統計的予測のことだそうです。予告していた通りskypeを使った読書会をやりました。id:wilsoniaさんとid:showyouさんとid:Lianさんとid:laughingさんと…

初めの諸注意

id:ujihisaに伝授してもらったextream readingのテクニック(?)などを書いてみた。 最初に自己紹介 名前 自分のバックグラウンド extream readingの紹介 通常、こういう本を読むときは、章ごとに担当者を決めてレジュメに落としてもらい、それを発表する。そ…

Tsukuba.R#1をやってきたよ!!

当日の朝まで資料を作ったりとか、名刺刷ったりとか、リハーサルしたりでどたばたしてたんですが、なんとか無事終了することができました。会場の芝浦工大のid:negaton、id:t_yamazaki021さん、id:negatonの研究室の先生、発表してくれた4人、無線LAN環境を…

Rの基本データ構造、よく使う関数紹介

Agenda データ構造 たくさんある>< ベクトル Rの格言 いろんなベクトルの作り方 規則的データの生成 同じデータを繰り返す ベクトルへのアクセスの方法 アクセス方法にもいろいろある まだまだあるよ、アクセス方法 行列 埋めていく順番 すでにあるベクト…

Good Point For Using R

Good point for using R データ解析に適した環境 Excel、p値、信頼区間 それでOK? 泥(笑) そんな簡単にはいかない データとの「対話」 統計解析は計算過程ではなく、データと「対話」 その中で仮説を検証 データとの「対話」 さまざまな形式のグラフに何度も…

Tsukuba.Rの資料を公開しておくよ

Tsukuba.Rは明日なんですが、発表する資料をBlogに上げておきました。発表の時はスクリーン、もしくは、Blogの資料を見てもらうという形にしようと思ってます。たぶん、今日上げても明日上げてもあんまり価値が変わらんと思うし、明日は会場準備があるので、…

apply familyの紹介

apply familyの紹介 まとめ Rらしいコードを書くならapply family ベクトル、行列、データフレーム、リストに対して何か作用させるようなもの applyとtapplyは覚えて帰って損ないよ!! apply familyって? lispのapplyのようなもの Rを使いこなす上では割けて…

Rを使った統計勉強法【中心極限定理編】

Rを使った統計の勉強法 中心極限定理とはなんぞや 要するに 正規分布 特徴 muはmodeを変化させるパラメータ sigmaは分布のすそのを決めるパラメータ 確認 一様乱数で確認 乱数の平均をいっぱい作る 確認 戻ってみよう 後半に行ってみよう 正規分布っぽいね! …

Rのぐぐり方

Rのぐぐり方 Rでの検索の方法 Rの勉強の仕方 まとめ Rに聞く Rでのkeywordを覚える ハブサイトを押さえる tokyo-emacs EmacsのことはEmacsに聞け R RのことはRに(ry Rに聞く 分からないことはぐぐらずともRに聞く keyになる関数 ?hoge help("hoge") example(…

私塾読んでないけど

私塾なんてハチロク世代には日常そのものですよ - ミームの死骸を待ちながら 学びとかWebとか勉強会とか、そういうのについて一言言っておこうと思いつつ、放置プレイをしていた。そんなところid:Hashがちょうど言っていたので、書くことにする。 まとめ 考…

Rubyのevalっぽいこと

昨日出した問題には実は応用編も用意していた。お題はこんなの。 コマンドラインの引数から実行するメソッドの名前を受け取って、そのメソッドの計算をさせるようにしてください。 「それevalで」とか思ったけど「eval(method(array))」みたいにすると動かな…

みんなが作った問題に対する俺の回答

昨日書いたRuby勉強会第三回の続きです。今回はみんな課題ちゃんと作ってきてくれたお!! コマンドライン引数で渡したファイルを読んで、引数で渡した文字列から始まる行をとってくる id:InoHiroの課題 正規表現に変数入れるときは「#{}」ってやるってことで…

Ruby勉強会の事務的な連絡

来週はお休みです 再来週(25日)はあります 次は4章からなのですが、ここから問題を作るのは難しそうなので7章まで飛ばして一気に8章まで飛びます 8章はクラスとかだよ 8章には2週を費やします 25日の分の課題はクラスに慣れていない人もいるので、簡単な課題…

第3章コマンドを作ろう

目次 コマンドラインからのデータの入力 ファイルからの読み込み ファイルからテキストデータを読み込んで表示する ファイルからテキストデータを1行ずつ読み込んで表示する ファイルの中から特定のパターンの行のみを選んで出力する コマンドラインで引数に…

第2章便利なオブジェクト

目次 配列(Array) 配列を作る 配列からオブジェクトを取り出す 配列にオブジェクトを格納する 配列の中身 配列と大きさ 配列と繰り返し ハッシュ(Hash) ハッシュを作る ハッシュからオブジェクトを取り出す ハッシュの繰り返し 正規表現 パターンマッチ…

「Introduction to the Theory of Statistics」の読書会をやりたい

Introduction to the Theory of Statisticsという本を買って1週間くらいが過ぎようとするのだが、ちっとも進んでいない。電車の中で開いてみるもののスイマーに負けてしまう。「英語が難しい」とかそういうわけでもないのだが、仕組みづくりとかがうまくいっ…

第1章はじめてのRuby

Ruby勉強会をやった。18:30くらいから20:00くらい。Ustで流したりもしてみた。たのしいRubyを教材にしている。 全くもってRuby初心者想定 一回あたり一章進むペース 読書会っぽくしようと思ったが、やめた 各自がその週にやる章を読んできて、その章で習うこ…

勉強会やらなかったけど、ネタ公開しておくよ

12月は全然R勉強会とかやらなかったわけですが、資料は作ってました。お蔵行きにするのもあれなので、公開しておこうと思います。話題的にはapplyファミリーとか、層別分析の仕方、層別分析に持っていくまでのデータ加工の仕方、などを説明してます。勉強会…

プログラミング勉強会を始めるよ!!

昨日、id:repose*1とid:g7umz1cuwvsyでぐだぐだとやっていたところ、id:reposeがどうしてもRubyを勉強したいというのでプログラミング言語勉強会が開かれることとなりました。Rubyの赤い本も貸した。一週間に一個くらいのペースでお題を誰かが決めて、それに…

今後の勉強会に関して昨日決めたこと

全員は揃わなかったけど、結構人数がいたので、これからの学生中心の勉強会をどうするか話し合ってみました。昨日参加されなかった方で「ここはちげーだろ!」ってところがあったらコメントにお願いします。 マーケティング勉強会 学期中に2回くらいの開催を…

R勉強会第六回は時系列分析だよ!!

Rで時系列データってどう扱うの? 時系列オブジェクトを生成 時系列オブジェクトの合併 lhデータ データを覗いてみる UKgasデータ 出力が長いので要約した統計量を知りたい 開始時刻、終了時刻などなどを知りたい 時系列データの一部を取り出したい 時系列デ…